自動車売却をサポートするインフォメーションサイト

>

買取金額を決定づけるもの

買取金額を決めるベーシックファクター

自動車の買取査定には当然ながらベーシックな項目がありますので、自動車を売却のために査定に出すのであればこれらの項目も踏まえておきましょう。

通常、自動車の査定項目は、車種・グレード・年式・走行距離が主要項目であり、基本的に車種は人気、グレードは高さ、年式は新しいもの、走行距離は短いものほど買取査定が高額となりますが、ボディカラーや内装・オプション機能なども査定額に大きく寄与しますし、自動車の破損や整備状況の明確性、事故歴といった自動車の状態ももちろん査定額に影響します。

また、自動車状態は外装の状態に留まらず、内装の状態も査定の対象で、車内の汚れや欠損は言うまでもありませんが、業者によっては生活臭やペットの臭いなども査定対象となり得ますので、外装状態だけでなく内装状態も自動車の状態に含まれることを心掛けておくべきです。

個人でも可能な買取金額を高める工夫

自動車の買取金額を高めるための鉄則事項は、自動車状態の維持であり、外装状態の保持に関して言えば、保管場所の確保や定期的なメンテナンスといった基本事項をしっかりと押さえておくことが、非常に大切で、加えて言うなら外装パーツは純正品にしておいた方が無難です。

内装状態の保持に関しては、タバコやペットの臭いをはじめとした、各種生活臭対策に消臭や清掃、定期的な換気を行うことも有効ですし、車内オプションをメーカーオプションのみに留めておくこともまた有効でしょう。

外装パーツや車内オプションは好みの問題もあるため、純正品やメーカーオプションで満足できない方も少なくないでしょうが、純正品やメーカーオプションは製造工場で装着可能であるため、製造工場という技術的信頼性が担保された場所で装着されたことが高評価につながり、査定額の上乗せが期待できます。


この記事をシェアする