自動車売却をサポートするインフォメーションサイト

>

売却先となる業者選びのコツ

自動車の売却先となる業者の特色

オーソドックスな自動車の売却方法は下取が主流でしたが、中古車市場の拡大もあり、買取やオークションなどの売却方法が選択肢としてメジャー化した他、インターネットを利用したオークションや個人間取引といった売却方法が出現するなど、自動車の売却方法も多様化しています。

おおまかには、下取を行うカーディーラーと中古車販売店、買取を行う中古車買取店、オークションを代行するオークショニア、個人の四種類が自動車の売却先です。

なお、混同されがちな下取と買取には車を買取る目的に違いがあり、下取が自動車を販売することを目的としたサービスの一環であるのに対して、買取は車自体の売買が目的であるため、自動車の状態や下取キャンペーンの金額如何で、下取と買取を使い分けるとよいでしょう。

業者選びは売却額を左右するキーポイント

売却業者や委託業者の選択は、自動車の売却額を決定づける重要なポイントの一つです。

なぜなら、カーディーラー・中古車販売店・中古車買取店・オークショニアのいずれもそれぞれの目的に沿って自動車を買取っているため、買取査定で評価するポイントが異なり、下取を目的としたカーディーラーや中古車販売店は、自動車を購入する顧客へのサービスの延長であることから、下取価格が購入した自動車の価格を下回ることはあり得ませんし、買取った自動車の転売を目的としている中古車買取店もやはり、売却額が販売益を下回ることはなく、中古車オークションを開催するオークショニアも同様となります。

ちなみに、サービスと転売という目的の違いから、下取と比較して買取の方が売却額は高い傾向にありますが、車種や自動車の状態によっては買取額が付かないこともあり得る、買取に対して、下取の一定の買取額が期待できる点は強みと言えるのではないでしょうか。


この記事をシェアする